放デイブログ

放課後等デイサービスの仕事を楽しみたい全ての人のためのブログです。仕事が楽しくなる福祉の知識などを発信していきます。

【大学生さんへ】放課後デイでアルバイトをしてみよう‼️

はてなブックマークよろしくお願いします🙇‍♂️

【放デイブログの運営者】

ryouiku-smm.site

 

f:id:kiminomirai:20210521201609j:plain
【今日のテーマ】
みなさん今日も福祉のお仕事楽しめましたか?

 今日は「放課後デイでアルバイトをしてみよう」というテーマを書いていきたいと思います。

今回の記事は出来れば大学生の学生さんに読んでいただきたいなと思う内容です。

放課後等デイサービスのお仕事
・障がいを持つお子さんと一緒に過ごしながら共に成長するお仕事です。
「障がいを持つお子さんと関わるお仕事」
と聞くと特殊な知識や技術が必要ではないかと思ってしまいます。知識や技術も少しずつ学んでいただきたいのですが、実はこの仕事にもっと大切なことがあります。

それは、、

障がいをお持ちのお子さんと同じ目線に立って「一緒に考えたり悩んだり」できる力です。

少し人生の後輩である放課後等デイサービスでに通われているお子さんに人生の先輩として関わっていただくことは子ども達にとってとても大きな経験となります。


放課後等デイサービスでアルバイトすることは今後社会に出て行く学生の皆さんにもとてもメリットがある経験だと考えています。

また、学生さんが「障がいをお持ちのお子さん」と関わった経験を社会で生かしてくださることはこれからの社会が「誰でも生きやすい社会」なるためにとても大切なことだと考えます。

こんな学生さんにアルバイトして欲しい
①教員を目指す学生さん
地域にもよりますが、福祉と教育の間には大きな溝を感じる機会はとても多いです。今後、教員を目指す方が学生の時期に放課後等デイサービスでアルバイトをしていただけると、民間の福祉の現状を知っていただけることに繋がります。教育と福祉の橋渡しになっていただけると嬉しいです。

②一般の会社に就職される方
今後、多くの障がいをお持ちの方が一般企業で就労する世の中になって行くと予想されます。今学生の方にはぜひ放課後等デイサービスで得た経験を持って社会に出ていただき、もし同僚に障がい者の方がいた場合には彼らが働きやすいような環境作りの役割を担っていただけると嬉しいです。

③経営者になりたい方
将来経営者になり雇用を生み出す方にも障がいを持つお子さんとの関わりの機会を持っていただきたいです。「障がい」を持つということは「何もできない」訳ではなく「得意なことと不得意なことの差が大きい」ということです。ぜひ、障がいを持つ方の得意分野にアルバイト経験の中で触れていただき将来雇用を生み出す際に障がい者雇用をする立場になっていただけると嬉しいです。
最も学生の皆さんにアルバイト経験の中で知っていただきたいことがあります。

障がいを持つ方は今の社会の中では生きにくさを抱えやすい状況が発生しやすいのが現状です。

ですが、「障がいをお持ちの方が生きにくい社会」は障がいのない方が生きやすいかというとそうではない場合も少なくありません。

少し自閉症スペクトラムのAさんの一例で一緒に考えていきましょう。

空気の読めない自閉症スペクトラムのAさん
自閉症スペクトラム障がいを持つAさんは会社に勤務していますが、よく先輩や上司に怒られます。

同僚が残業しているのに、定時の17時になると一人だけ帰ってしまうからです。

Aさんの言い分としては「自分の仕事は全て終わっている」「会社とは8時から17時の勤務で契約したはず」

同僚や上司からは「先輩や上司が残業で残っているのに後輩が先に帰るなど空気が読めていない。社会人として失格だ」

Aさんは何も間違ってはいないのですが、今でも日本では「空気を読む」ということを大切にする職場は少なくありません。

では、「空気を読む」ことを強要される職場は「障がいのない人」にとっては働きやすい職場なのでしょうか?
空気は読む者ではなく吸う物
空気は吸う物ですよね。笑

「空気を読む」なかなか難しいですよね。自閉症スペクトラムの方の多くが最も苦手とすることです。実は今の社会「健常者」の方の中でも「空気を読む」ことに疲弊している方が多い状況です。

Aさんのケースの場合もっとルールが明確であればAさん自身も健常者の同僚の方も働きやすくなると思います。

・他のスタッフの仕事が終わっていなくても17時に退社する
・どうしても残業が必要な場合は上司から指示を与えられる

このように、障がいをお持ちの方が働きやすい職場環境やルールを作って行くことは実は全ての人が働きやすい環境に繋がります。

上記のAさんの働きやすい職場環境を作り上げるには本人だけの力では難しいです。

ぜひ、これから社会に出て行く方に学生のうちに放課後等デイサービスなどでアルバイト経験をしていただき「障がいをお持ちの方」の支援についての考え方をこれからの日本の社会に持って行っていただきたいと思います。
     
今日は 「大学生向け放課後デイでアルバイトをしてみよう‼️」でした
 
今日はここまでです☺️

ではでは!!

はてなブックマークよろしくお願いします🙇‍♂️